記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「良識の府」参議院の選挙。良識を踏みにじっている安倍政権にNOを。

1606201.jpg
160620.jpg

参議院は「良識の府」です。

良識とは?

まともで信頼できること。
スジが通っていること。
原理原則がちゃんとしていること。
嘘つきや背信がないこと。

良識を無視した自公政権をSTOPさせることが今、大事です。

次も安倍政権を支持したら、
「改憲(憲法の改悪)」
「人権より国家が上」
「子育てや介護は家族の責任」
「戦争OK」
「今以上の報道の弾圧」
「中身のないアベノミクス」
「サミットみたいに世界から笑われる政治」

これらすべてが進んでしまいます。

少し前の情報ですが、TBSラジオ6/14放送の『荻上チキ・Session-22』には、
木村草太氏、神保哲生氏がゲスト出演

「安倍政権の手法がひどい」ってことで、「強引」さ「詭弁」を指摘。「マナーがない」との表現も。
「国会が終わった直後、突っ込まれないタイミングで消費税増税延期」
「それをやっちゃーおしまい」という手法をどんどん取り入れてる。

舛添さんにはあんなにメディアは攻撃したのに、
「新しい判断」にはなぜ誰も突っ込まないのか?


良識とは程遠い政治が展開されています。

安倍政治の特徴のひとつがメディアコントロール

http://www.tbsradio.jp/43607

上記で聴取できます。

自民党や公明党支持者の人も、
これ以上自公政権が品のない政治をやらないよう、
暴走を止めるべき。
もし野党が優勢になっても、政権交代するわけではないので、

参院選では与党にNOを。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。